INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬に扇風機は無意味!? 犬の熱中症対策とは!

dog_flower_fluffy_muzzle_cute_40174_602x339

犬の熱中症対策、ちゃんと知っていますか?

こんにちは、INUJIN編集部です! 人にとっても夏の暑さは非常に大変です。ですが、人以上に大変なのが、そうです、犬たちです。

犬は基本的に暑さに弱い動物で、夏場の暑い時期には、熱中症対策をする必要があります。

今日は、熱中症対策について紹介していきたいと思います。

そもそも犬の熱中症とは?

熱中症は、別名、熱射病や日射病とも言われ、蒸し暑い室内や車の中、夏場などの暑い時期での散歩などが原因で発症する疾患です。

犬の場合は、人よりも地面に近い為、足元がコンクリートの場合、太陽光の輻射熱によっても熱射病になる場合もあります。

昼間のコンクリートは触るとわかりますが、かなり熱いです。犬はその輻射熱を常に浴びているので、人よりも熱射病になりやすく、良かれと思っても、時間帯に考慮のない夏場の昼間の散歩は犬にとっては拷問に近いものです。

症状としては、四十度以上の急激な体温上昇により、はぁはぁと喘ぐように呼吸をするパンディングや、涎が流れたり、悪化すると呼吸困難や吐血、血便を引き起こし、意識がなくなったり、全身の痙攣を引き起こすこともあり、熱中症は命に関わる事もある疾患で、飼い主や家族は注意しなければいけません。

熱中症は人間だけではありません、また他人ごとでもありません、愛犬が苦しそうにしていないかは、夏場なら常にチェックしておきたいですね。

愛犬が熱射病になった場合

愛犬が熱射病になってしまった場合、意識がある時は涼しい場所に移動させ、水が飲める場合は水を大量に飲ませ、失われた水分を補給させて下さい。

さらに、冷水で濡らしたタオルなどで頭や脇の下、鼠径部を冷やしたり、全体に水をかけたりするなどして、急上昇した体温を下げるようにします。

お風呂などに水を張り、その中に入れてあげる方法もあります。

ただ、過剰に水に近づけすぎると今度は低体温になってしまう為、三十九度まで下がった場合、それ以上冷やすのは控え、速やかに動物病院に連れていって下さい。

また、ワンちゃんに意識がない場合は、体温を下げることは行いますが、すぐに動物病院へ連れていって下さい。涼しい場所に移動させるのではなく、動物病院に連れていく車の中などで体温を下げるようにして下さい。次からもっと深く考えていきましょう。

熱射病対策に扇風機は無意味?

人が暑い時に扇風機で涼むことがあるかと思います、一見、扇風機に当たっているは涼しいように見えますが、実は犬の場合は体温の上下にはあまり意味がないと言われています。

なぜかと言うと、犬と人では身体の構造が違うから。

犬は、人のように汗をかきません。犬は人と違って、ほとんど汗をかく汗腺がないことがその理由。

なので、扇風機にあたっても実は熱の放散が人間のようにはできないのです。

人が扇風機で涼しいと思うのは、扇風機の風により汗腺の水分を飛ばすと同時に、熱も奪うので体温が下がり涼しいと感じます。

上記と違い、犬は汗腺がない為に汗をかきません。ですので、扇風機による体温調節はそもそもできないのです。

そんなワンちゃんに唯一汗腺がある箇所は肉球です。

肉球はワンちゃんも汗をかきますが、そこに扇風機をかけても身体を冷やすほど効果はなく、あまり効果はありません。

犬の体温調節の方法としては、パンティングと呼ばれる方法で熱を放散するくらいしかありません。犬が運動後でもないのに犬が舌を出して、はぁはぁと息をしているのを見たことがあると思います。

これがパンティングで、舌から唾液を蒸発させて体内の熱を放散して、体温調節を行っています。

ただ、この方法で放散できる熱は限りがあり、体内に熱がこもりやすく、体温が上昇してしまい、結果、ワンちゃんは熱射病になってしまいます。

ただ、扇風機も効果がゼロではなく、あることを一緒にする事で少しだけではありますが、効果があります。

それは霧吹きなどで犬に水を吹きかけ、扇風機をかけるという方法です。

この方法は、水が飛ぶ際に熱を同時に奪うので、扇風機だけにあてるより、少しは体温を下げる効果があります。

ですが、中には水をかけられることが嫌いな犬もいますので、無理やり水を吹きかけるのはやめましょう。

扇風機以外の熱射病対策

扇風機を利用する為には霧吹きなどで水を吹きかけるという行為が必要なので、家を空ける際にはお留守番のワンちゃんにはできません。

こういう場合は、エアコンを利用して室温を下げたり、遮光カーテンを利用して室温が上がらないようにする事が大切です。

また、犬に洋服を着せている飼い主や家族は、それを水で濡らして着せることでも、実は扇風機よりは多少効果があると言われています。

室外で飼育している犬の場合は、地面に穴を掘ったり、ひんやりした床やコンクリートに被毛が薄いお腹をつけることで、体温を下げます。なので、室外飼育の場合は日陰ができるような場所を作りましょう。

また、太陽は移動するので、日陰を作る場合、複数の場所に用意するようにします。ひとつだけだと時間経過とともに日影がなくなってしまう可能性があるので、どの時間帯でも常に日影がある環境を作ってあげるよう心がけて下さい。

これだけでもワンちゃんからかなり熱中症を遠ざけることができるんです。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる