INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

快適ドライブ、犬を正しく車に乗せる方法

愛犬とドライブがしたい!

愛犬とドライブがしたい!

せっかく巡り会えたパートナーなんだから、お休みの日には一緒に遊びに行きたいというのも、愛犬家の夢のひとつではないでしょうか。

どうせならちょっと遠出して、ドライブなんてできたらステキですよね。

・でも、それだけじゃありません。ワンちゃんを車に慣らしてあげるのって、実はとても大事な事

車が使えれば、体調を崩したワンちゃんを急いで動物病院に連れて行きたい時や、ちょっと離れた家族のところに預けておきたい時等、さまざまな場面で事がスムーズに運びます。

今回は、犬と車の上手な付き合い方について考えてみましょう!

苦手意識を持たせない

残念ながら私たち人間は、犬たちと言葉で理解し合う事ができません。なので、「これは車って言ってね。便利なモノなんだよ!」なんて、説明してあげる事はできません。

・つまりワンちゃんたちは、揺れる・音が出る・妙な匂いのする空間に、ワケもわからず閉じ込められる事になっちゃうワケです

何とかして車に良いイメージを持ってもらうには、行動で示してあげないといけないという事です。

ドッグ・キャリーに慣れてもらう

車の中でのワンちゃんの過ごし方は、キャリーに入っておいてもらうのが基本です。大型犬の場合でも、荷台や後部座席等場所を決めて、そこで待ての状態でいてもらう必要があります。

車に乗せる前に、キャリーやマテに慣れておく必要があります。

基本のしつけになるので、ドライブ以外のところでも役に立つので、ワンちゃんとのコミュニケーションの一環として、普段からトレーニングしておくと良いでしょう。

車に慣れてもらう

用事がある時に急に車デビューする事になったら、心の準備ができていないワンちゃんはビックリしてしまうかもしれません。

なので、なんでもない日に訓練を始めておくのがオススメです。

まずはエンジンを切ったまま、ワンちゃんと一緒に車内で過ごして、様子を見てみましょう。

・怖がるようなら、慣れてくれるまでは車内でノンビリするだけの方が良さそうです

それから、もし平気そうなら、エンジンをかけてみる。ケロッとしているようなら、少しだけ動かしてみる。近所を一回りしてみる。ちょっと離れた公園までドライブしてみる……と、少しずつ前進していきましょう。

車に乗ると、良い事がある

ワンちゃんに、車に対してポジティブなイメージを持ってもらうのは大切です。

・なので、最初のドライブの末にたどり着いたのが、恐怖の動物病院だったりする事は犬によっては避けた方が良いかも

できれば、車を使ってワンちゃんにとって楽しい場所(公園やドッグラン等)に連れて行ってあげて、「車に乗ったら良い事がある」という事を覚えてもらいたいところ。

車に良いイメージを持ってもらう事が大事ですので先ほどの「車に慣れてもらう」段階でつまずいてしまった場合には、「車で静かにできたら、オヤツがもらえた」という成功経験を持ってもらう等、いろいろ工夫してみましょう。

次からワンちゃんを車に乗せる際の注意点を、もっと深く考えていきましょう。

犬の居場所を決めてあげる

ワンちゃんを車に乗せるのは、「おいで!」と乗せてドアをバタンと閉めるだけとはいきません。

・車の中で犬が自由に動けるようにしてしまうと、思いもよらない事故が起きる事があります

例えば、死角に入った犬の動きが気になったり、逆に犬が膝に乗ろうとしてきたりして、運転手が集中を欠いてしまう事で操作を誤る危険があります。

また、急ブレーキを踏んだだけでも、身体を支えるもののないワンちゃんが、受けた衝撃のままにフロントガラスに突っ込んでしまう恐れも。

軽い事故の後でも、運転手が状況確認の為に車を降りようとした時、犬が脇をすり抜けて路上に飛び出せば、付近を通行中の車両とぶつかって、別の事故を引き起こしてしまう事も考えられます。

では、具体的にどうしてあげれば良いのでしょうか?

・まずは、適度にワンちゃんの行動を制限してあげましょう

専用のハーネスを使用する手もありますし、クレートやドライブボックスに入れてあげるのも良いでしょう。

また、クレートやドライブボックスは、事故の際に動いてしまわないよう、きちんと固定してあげる必要があります。

中型犬くらいまでなら、車の後部座席に居場所を作ってあげるのが良いでしょう。大型犬なら、荷台の方が居心地がいいかも知れません。

・大事なのは、犬の動ける空間を適度に制限する事です

あまりにも狭い場所に押し込めてしまっては、不要なストレスをかけてしまうだけですが、車の中で犬が広い範囲を移動できるという事は、事故があった際に犬の身体が投げ出される距離が長くなるという事です。

たとえ固定したクレートに入れていたとしても、そのクレートの中で身体が大きく動いてしまっては、大事なワンちゃんの身体が、ワンちゃんを守ってくれるはずだったクレートの壁にぶつかって、ケガをしてしまう恐れがあります。

出発前のご飯は控えめに

車に揺られれば、人間だって気持ち悪くなってしまう事があるんですから、繊細なワンちゃん達が車酔いになってしまっても、ちっとも不思議はありません。

・車に乗ると吐いちゃうワンちゃんって、結構いるんです

車に乗る前の食事は控えめに。2時間前には終わらせて、胃を落ち着かせる時間を確保してあげましょう。

小まめに休憩をはさむ

長いドライブで疲れてしまった記憶、現代人なら大抵持っているのではないでしょうか。

ワンちゃんも長距離の移動で疲れてしまうのは同じです。トイレ休憩や水分補給を兼ねて、できるだけ小まめな休憩を取るようにしてあげてください。

また、適切に休憩をはさむ為にも、出発前にドライブの計画を立てておく事は重要です。

・「休憩くらいできるでしょ~」と甘く見ていて、上手くいかない事があると、飼い主までイライラしてしまって、ワンちゃんに不要なストレスを与えてしまいます

飼い主の心の安定、余裕も、ワンちゃんにとっての重要事項のひとつです。気持ちに余裕を持てるよう、しっかり準備して、ステキなドライブをお楽しみください。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる