INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

読めば犬の感情まるわかり!

読めば犬の感情がわかるまとめ

犬の感情表現をまるわかり解説!

犬はとても感情豊かな生き物です。

飼い主の悲しみや喜びも自分のことのように受け止め、犬自身の楽しさやうれしさも体全体で表現することのできる素晴らしい生き物です。どんな時どんな表現をして私たちに気持ちを伝えてくれるのか詳しく知りたくはないですか?

犬の感情表現ってどんなもの?

犬は感情表現を声や顔の表情、耳や尻尾などの体、躍動感のある行動、さりげないしぐさで表します。

・感情の種類は喜びや怒り、服従や威嚇、欲求や恐怖、悲しみや寂しさ、時に人間と同じように嫉妬や恥ずかしいという羞恥心まであり、数えきれないくらいの豊富な感情、その場その場の状況に合わせた感性を持ち合わせています

今、何を伝えようとしているのか感情を読み取り、理解していく事で、飼い主と愛犬の距離はもっともっと縮まります。

犬が喜びの感情を表現する場合

犬は喜びを感情表現するとき、しっぽを大きく左右に振り回し、耳を思いっきりたらした状態ではしゃぎ回ります。時に興奮しすぎてワンワンと吠えたてるといった感情を爆発させる場合もありますので、優しくなでたり抱っこして落ち着かせる場合もあります

犬は不思議な生き物で、喜びやうれしさ、楽しさを表現するとき、舌を出す子もいますし、飼い主の手や顔をなめる子もいます。

歓喜をなめるといった感情表現することは周知の認識があっても、舌を出す子がいるということはあまり知られていません。エサを食べた後や水を飲んだ後、口の周りに食べかすや水がついているのを取ろうとして、舌をペロペロ出す子はいますよね。

その表現と同じように、ペロペロ舌を出す子がいるんです。愛犬が楽しそうにしている時、よく表情を見てみてください。もしかして舌を出して感情表現しているかもしれません。

威嚇や怒りの感情表現をする場合

攻撃や警戒、威嚇を感情表現する場合、置かれている状況を把握しようと、耳をピンと張り、辺りを覗うように低い体勢になります。相手が敵だと判断し挑みかかる時には耳が後ろに引かれ、目つきが鋭くなります。

怒りの感情表現も攻撃や警戒、威嚇の感情表現に似ています。

・怒りの場合は、低い体制の攻撃姿勢を取り、鼻先にしわを寄せ、歯をむき出しにしてうなる、吠えるといった感情をむきだしにします。この表現は、知らない人や犬にあったとき、初めて訪れた場所、居心地の悪い空間にいる時に見られます。攻撃や威嚇の感情表現をしている時は、かなり興奮している子もいるので、落ち着かせようと手を差し伸べると、噛む場合もあります

興奮状態の時に安心感を与えるため抱きしめようとするのは、噛まれる場合を予測し、まずは大丈夫、落ち着いてなどと声をかけてからにしたほうがいいでしょう。

恐怖や不安を感情表現する場合

臆病者で恐怖や不安を感情表現する場合、尾はたれ下がり、股の間に挟んで小さく縮こまっている体制を取ります。その時、首も竦め、威嚇に似たうなり声をあげつつ後ずさりしたり、ガタガタと震えることもあります。

・恐怖の場合、怖い思いをした、驚かされたという感情の記憶が犬に残っている場合が多く、同じ場所、同じシチュエーションで起こることがあります

例えば、動物病院へ連れて行った時のことを思い出してみてください。注射が嫌いな子、病気治療でつらい思いをした子は、動物病院の前についた途端、震え出したり、キューンキューンと切ない鳴き声をあげたり、暴れたりすることがあります。それは記憶がよみがえり、恐怖と不安の感情が高まっているからだと思われます。

wallpaper-1476428

服従を表す感情表現

服従の感情表現の場合は、飼い主に対してとほかの犬に対してでは少し表現が違います。飼い主の場合は、飼い主の顔や様子を覗いながらかまって欲しい、見てほしいとお腹を見せ、寝っ転がります。これは服従でもあり、飼い主への甘えの感情表現でもあります。

・相手が犬の場合は視線は合わさず尾はたらし、股に挟んで小さく縮こまります。その際、近寄ってきた相手の犬の口や鼻をなめようとしたり、お腹を見せ寝っ転がったり、あくびしたりします。これはほかの犬に対して敵ではない、冷静にという友好の感情表現でもあります

寂しい場合の感情表現

悲しい、寂しいという感情表現の場合は、のどで鳴くというより鼻で鳴く鳴き方、クーンクーンと切ない鳴き声をあげます。耳やしっぽをたらし、悲しい、寂しい、切ない、つらい、痛いなど日中一人で留守番しなければならない時や、体調が思わしくない時など、切ない悲しげな鳴き声で感情を表現します。なかには涙を流す子もいます。

涙はうれしい時、悲しい時、痛い時など人間と同じように感極まったときに流します。いつもより帰りが遅くなってしまって長時間一人で留守番をさせてしまったときや、動物病院で注射をされた後など、愛犬の顔を見てみてください。涙を流すまではいかなくても、愛らしい瞳に、溢れんばかりの涙を溜めているかもしれません。

犬はもっともっと感情豊か!

驚くことに退屈の感情表現をすることがあります。暇だぁ、退屈だぁとまるでふて寝をしているような、床にベタッとふせ、耳は垂れるし、前足に顔を乗せ目だけ動かすし、全身から力が抜けている虚脱感丸出しだし、心ここにあらずの遠い目をしているしと、人間さながらの感情表現をします。

散歩に行きたいけど、かまって欲しいけど、遊んでほしいけど、飼い主が忙しそうだから今は我慢しなくちゃいけないと雰囲気で判断し、飼い主の時間が空くまで待っているつもりが、ついつい退屈だという感情が表に出てきてしまうのかもしれません。この表現は、可愛くもあり、愛おしくもあり、切なくもあります。悲しそうで寂しそうな表情をしますので、できるだけ早く用事を済ませて愛犬との時間を作ってあげて下さい。

今や色々な研究機関で、犬の感情のメカニズム、感情表現の研究が進んでいます。

最近の研究では犬に嫉妬心がある事が証明されています。犬が嫉妬するわけがないと思われる方もいらっしゃると思いますが、散歩途中で出会ったほかの犬に優しくしてみてください。

いきなり吠えだしたり、その場を離れようとさっさと歩きだそうとしたりして、飼い主をその犬から引き離そうとします。おうちに新しい家族、赤ちゃんが生まれたり、新しい子犬を招きいれたとき、飼い主の意識や気持ちが自分ではないほうへ向かっていると感じたとき、愛犬はふてくさったり、飼い主と赤ちゃん、子犬の間に割り込もうとしたり、まったく言うことを聞かなくなったりします。これはやきもち、嫉妬からくる感情表現です。

犬は動物だから、動物に感情などないと思っていませんか?

犬は知能の高い生き物です。犬には私たち人間と同じようにその場その時に応じて、豊富な感性と優れた感情があるんです。信じられないという方もいらっしゃると思いますが、愛犬の表情を見てみてください。愛犬の行動を見てみてください。

愛犬は常に私たちに感情を伝える表現をしています。飼い主がつらそうな顔をしていれば切ない表情をし、楽しそうにしていればピョンピョン楽しそうに駆け回る、本当に感情豊かな生き物です。

飼い主の感情を読み取ろう、分かち合おうとしている愛犬の感情を、逆に理解してあげて、今はどういう心理状態なのか、何を望んでいるのか、何を考えているのかを分かってあげられたら、もっと快適な毎日が過ごせるようになります。今目の前にいる愛犬の感情を読み取り、理解を深めていきませんか?

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる