INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬を部屋飼いするときに工夫したいポイントまとめ

犬を部屋飼いするときに工夫したいポイントまとめ

可愛い家族の一員であるワンちゃんといつも一緒にいられて楽しいはずの部屋飼いですが、楽しいことばかりではありません。

仕事や外出から帰宅したら犬が暴れて部屋の中をぐちゃぐちゃに荒らしていたり、ゴミ箱のゴミを散らかしたり、家具や家電を噛んだり落としたりで壊す、トイレ以外の床での粗相や壁にマーキング、抜け毛、匂いなど、どれも飼い主さんにとっては深刻な悩みの種ですよね。

そんなお悩みを解決すべく飼い主と犬の双方が快適な生活をするための工夫をまとめてみました。

犬の部屋を作る必要性

お留守番の時はもちろん普段でもそのスペースの中では何をやっても叱らないエリアとして専用の空間を与えます。

犬の部屋をつくることで、留守番の時に暴れて部屋をめちゃくちゃに…といったことを解消でき、スペースを分けることで犬にとっても落ち着く環境を提供できます。

犬の部屋の作り方

犬に一部屋を与えることは理想ですが飼い主の住居事情によってできないことがほとんどですよね。

ここでは飼い主の部屋(リビングなど)の中での犬の部屋の作り方をご紹介します。

犬の部屋の大きさ

まず、部屋(専用スペース)の広さは最低限の目安で小型犬は畳1畳、中型犬は2畳、大型犬は3畳の広さが必要です。これは各1頭に対しての最低限の目安です。

スペースが狭いと逆にストレスになりますので、犬が多少走り回ることができる広さがあれば理想です。

犬の専用スペースをつくる

ケージに柵やケージのパーツを連結して囲いを作るか、囲ったスペースの中にケージや小屋やバリケンを置き、ケージ(もしくはバリケンや小屋)が家ならば他の囲った部分はお庭のようなイメージで作ります。

お庭の部分がフリースペースとなりますので、トイレやおもちゃを置いてあげましょう。

おすすめの対策

床に傷を防ぐためと足音などの防音対策として、汚れた部分だけ取り替えられるパネルカーペットなどを敷き詰めることをおすすめします。

オスの場合は壁に面した部分にトイレシートを貼るなどしてマーキング対策も忘れずにしましょう。マナーベルトを付けるのも有効です。

多頭飼いの犬の部屋はどうしたらいいの?

多頭飼いの犬の部屋はどうしたらいいの?

理想は1頭にひとつずつ専用の犬の部屋を作ることですが、スペース的に無理な場合は飼い主が在宅時は普段通りに自由に放し飼いでも、1頭に1個のケージを用意して留守番時はケージに入れるトレーニングをすると安心ですね。

匂いの対策

空気清浄機をお持ちであれば犬の部屋の側に置くのもかなりの消臭効果があります。

他では除菌系の消臭剤や芳香剤を置いたり、床の抜け毛や粗相、トイレをキレイに掃除、犬をまめにブラッシングすることで体臭を抑える効果もあります。

持ち家なら消臭効果がある壁紙を貼るのも効果的ですね。

抜け毛の対策

匂いの対策と同じくまめなブラッシングは必須ですが、静電気が起きづらい洋服を着せると抜けた毛が散乱するのを防ぐことができます。但し、毛玉の原因になりうるので長時間着せたままにしないようにしましよう。

犬の部屋を作ったときの注意点

注意点としてはせっかく犬の部屋を作っても、飼い主が在宅時も長時間にわたって開放せずにいると、犬は自分の部屋を「閉じ込められる嫌な場所」と認識してしまいます。

犬が不快に思わないよう飼い主の留守と在宅、部屋全体と専用スペースというメリハリをつけたバランスで使い分けて、お留守番も上手にできるよう工夫しましょう。

まとめ

普段から犬の部屋を作らずに放し飼いするよりも、作った部屋の専用部分が抜け毛などで汚れても広範囲でないぶん掃除がしやすいですし、このスペースで暴れてもおもちゃを壊しても叱らず、専用部分以外では叱るようにするとメリハリがついて犬も良し悪しを覚えやすくなります。

飼い主も犬も快適な環境づくりができたら良いですね。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる