INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬にも金属アレルギーがあった! 症状や対策は?

犬にも金属アレルギーがあった! 症状や対策は?


犬のアレルギーは今やどの犬にも必ず発症すると言われています。

アレルギーと聞くと牛や豚、トウモロコシなどのドッグフードに使用される食材を思い浮かべますが、実は犬にも人間同様に金属アレルギーがあります。

犬の身近にある金属といえば首輪や食器など生活に欠かせないものです。これらが原因になり起こるアレルギーは実は多々起きています。

この問題は日常的に金属との摂取を避けることが効果的な解決策になります。

犬にも起こる金属アレルギー

愛犬の口、鼻の周り(まずる)にだけ脱毛、湿疹、かぶれの症状がみられる。首、肩甲骨のあたりにだけ皮膚トラブルが目立つという事はありませんか?

全身の痒みと合わせて一部の脱毛や皮膚の変色がある場合、列記としたアレルギーのサインです。

このように体の一部に強い症状が出る場合、患部にアレルギーの原因物質が接触していることが考えられます。

その代表的な物質が金属です。人間でもアクセサリーなどの金属が理由でアレルギーが起こる仕組みと全く同じです。

ステンレス製食器を使用している、首輪やハーネスの留め具に金属が使用されているなど思い当たることはありませんか?

犬の金属アレルギーの症状

金属と日常的に接触する部位はアレルギーによる拒絶反応が起き、被毛が抜け、皮膚が黒ずみます。もちろんかゆみもあり、愛犬が頻繁に掻きむしることもあるでしょう。

ただ症状が体の一部分に限られる場合が多い上に、食事に気を使っている場合、金属がその原因になっているとは考えつかないことが多いものです。

金属アレルギーの特徴は金属が触れた部分に顕著に症状が現れることです。そのため食欲もあり、元気で便の状態もよいので、一過性の怪我や体質と軽くみられてしまう事もあります。

実は金属アレルギーは柴犬に多くみられることがあり、中には日本犬特有の体質だと勘違いをされてしまうこともあります。

知らずに金属を使いつづけることで症状はますます悪化します。愛犬がまだ若く健康であれば皮膚は薄いピンク色です。もし異変がある場合はすぐに動物病院を受診し原因を特定してあげましょう。

金属アレルギーだった時の対策

金属アレルギーの診断が下りたあとは、

・食器は瀬戸物もしくはプラスチック製品
・首輪やハーネスの留め具はプラスチック製品の物
・ブラシはゴム製ラバーブラシ

などの対策が効果的です。愛犬の体の症状が顕著な部分に触れている金属を見つけだし、生活の中から除外してあげると徐々に症状の改善に結びつきます。

食べ物以外が原因となるアレルギー

食べ物以外が原因となるアレルギー

アレルギーと聞くと、

・トウモロコシ
・大豆
・穀類
・添加物
・動物性油脂

といった言葉がすぐに思い浮かぶでしょう。今やアレルギー対策用ドッグフードや無添加ドッグフードはごく当たり前と呼べる時代になりました。

でもアレルギーの研究が進む中で犬のアレルギーはより奥が深く、食べもの以外でも起こることがわかっています。

例えばその一例は、

・金属
・ノミ、ダニ
・除草剤
・花粉

などです。

食べ物のように直接摂取をしていなくても接触や吸引によって体が反応し発症します。これらのアレルギー症状は、発症する季節が限られていたり、発症が体の一部分だけにとどまることも多く、なかなか原因の特定が難しく、適切な治療を始めるまでに時間がかかることもあります。

その為、治療にはステロイドでかゆみだけを強制的抑える、薬用シャンプーを使用するなど表面的な対処に終わりがちです。これらを原因とするアレルギーは血液検査を受けることで特定が出来、より効果的な方法を講じることが出来ます。

愛犬の体調の変化に気がついた時は、治療を先送りにせずにまずは原因究明から始めてあげましょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる