INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

子犬のシャンプーはいつから? やり方や適正温度、頻度を解説!

子犬のシャンプーはいつから? やり方や適正温度、頻度を解説!

子犬は遊び上手でもあり、汚し上手でもあります。

ミルクで口の周りを汚したり、上手に離乳食が食べられなくて顔中汚したり、時には自分の糞を踏みつけて足を汚したり…。

柔らかいタオルやティッシュでのきれいにしてあげてはいるものの、ちょっと衛生的に心配、もっと清潔にしてあげたいと考えている方へおすすめする、子犬のシャンプー。

子犬のためのシャワーの適正温度やシャンプーのやり方、乾かし方などの基礎知識を学んでお家で愛犬を綺麗にしてあげましょう。

いつからシャンプーしていいの?

新しく迎えた子犬にとっての母犬は飼い主です。目や口の周り、お尻や手足をきれいにしてあげる必要があります。

ミルクを飲んでいるうち、いわゆる離乳食になるまでの約3週間くらいまでの時期はシャンプーをせず、濡れタオルで拭いてあげたり、行水させてあげることから始めます。

そうすることで水やお風呂に鳴らすことができます。まずは部分洗いから始めましょう。

実際シャンプー剤を使ってお風呂に入れてあげるのは、足腰の骨格がしっかりしてきた生後3ヶ月過ぎ、ワクチン接種が終わった後がおすすめです。

成犬になってからシャンプーをしようとすると暴れたり、嫌がったりすることが多いので、子犬のうちからシャンプーに慣れさせることが大切です。

子犬のシャンプーのやり方は?

子犬は、一度恐怖心や嫌悪感を抱いてしまうとなかなか払拭させるのは難しく、シャンプー嫌い、お風呂嫌いになってしまう場合があります。

そうならないように、適切なシャワーの温度や手順を学んで正しく子犬を綺麗にしてあげましょう。

温度と水圧を調節

子犬のシャンプーを始める前に、シャワーの温度は36~38℃のぬるめに設定してください。

人間の適温は41~43℃ですが、その温度では子犬にとっては熱すぎますので、必ずぬるめに設定してください。

また、シャワーの水圧にも注意が必要です。水圧が強いのも、子犬にとっては思わぬ力がかかり、小さな体にとっては大きな負担になりますので、水量を押させる必要もあります。

何より勢いよく出る水の音に驚き、怖がる、暴れる場合がありますので注意してくださいね。

シャンプーをする前のブラッシング

シャンプーする前に、よくブラッシングをしてあげましょう。

わたし達が洗髪する前にブラッシングをして汚れを浮かせるのと同様に、子犬の汚れや垢をブラッシングで浮かせてからシャンプーをすることがおすすめです。

子犬のシャンプーのやり方

いよいよ子犬のシャンプーの仕方です。

濡らし方は、

お尻→後足→背中→胸→前足→顔

の順に、よくよごれを洗い流しながら濡らしてください。

子犬のシャンプーのやり方

上手にシャンプーをするコツは、直接シャンプー剤をつけるのではなく、手で少し泡立ててから優しく体を洗ってあげることです。

お尻や脇の下などは体臭が残りやすいので念入りに洗ってあげて下さい。

頭や顔などはシャワーをかけるのではなく、お湯でたっぷり湿らせたガーゼにシャンプー剤を泡立たせて、撫でるように洗うようにしてください。

その時、目や鼻にシャンプー剤が入らないように注意してくださいね。

※もし入ってしまった場合は、シャワーをかけるのではなく、洗うのと同様にお湯を含ませたカーゼでよく拭き取ってあげて下さい。

流し方は、濡らし方と逆で、

頭→顔→背中→胸→前足→お腹→後足→お尻

の順に洗い流していきます。

この時、シャンプー剤が残らないようによく洗い流してあげて下さい。洗い残しがあった場合、皮膚が弱い子は炎症を起こしたり、かゆみを生じたりしますので、注意が必要です。

子犬の毛の乾かし方

シャンプーの仕方にも注意が必要ですが、乾かし方にも注意が必要です。

乾かす順番は、

背中→お尻→お腹→足→顔→尻尾

の順番ですが、プードルのように毛が丸まりやすい毛質の子は顔から乾かすことをお勧めします。

子犬は水の音を怖がるように、ドライヤーの音も怖がります。始めは十分なタオルドライから始めて、弱風の音から慣れさせるようにしたほうがいいでしょう。

乾かし方は、毛の根元を十分に乾かすようにスニッカーと呼ばれるくしで、毛をとかしながらドライヤーをあてて乾かしていきます。

その時、皮膚を傷つけないように毛だけをとかすように使うことが大切です。慣れないうちは、めの大きいコームと呼ばれるくしを使ってもいいでしょう。

顔は直接ドライヤーの風が当たらないように手を添えるようにして、スニッカーではなくコームでとかしながら乾かしていきます。

ドライヤーをあてたとき、毛がバラバラに風になびくようだったら乾かしOKですので、十分に乾かすようにしてください。

乾かし残しや生乾きは、毛の縺れを生じ、時には大切な子犬に風邪をひかせてしまいます。

子犬のシャンプーの頻度は?

子犬のうちはシャンプーの回数は月2回くらいがおすすめです。

子犬にとってシャンプー自体が結構な体力を使いますので、初めのうちは2週間くらいの間隔をあけて行うようにしましょう。

お風呂が好きな子犬や、体臭が臭い子犬の場合には1週間に一度の頻度で洗ってあげても構いませんが、5~6か月未満のうちは、月2回のシャンプーと汚れたらシャンプーを使わない汚れ落としのシャワーをしてあげるといいでしょう。

最後に

初めての子犬のシャンプーは、飼い主にとっても子犬にとってもドキドキがいっぱいですが、大切なスキンシップの一環ですので、自宅で楽しいシャワータイムが過ごせるように頑張っていきましょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる