INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬友達は必要? いらない? 犬友を作るより大事なこと

犬友達は必要? いらない? 犬友を作るより大事なこと

愛犬に犬友達がいないことを切ない、申し訳ない、かわいそうと感じてしまう事はありませんか?

今、SNSの流行や犬連れOKな施設が増えたことで、このようなモヤモヤとした気持ちを抱えている飼い主さんが大勢います。

「犬友って必要?」「いないとかわいそう?」と思い悩むことも多いと思いますが、周りに流されずにもう一度考えてみましょう。

犬友達がいるメリット

毎日の散歩ラッシュの時間になると、なんだか憂鬱な気分になることはありませんか?

数頭で連れだち歩く仲良しの犬達の姿を目にしたり、毎日同じ場所に集まっている飼い主の姿を目にしたりすると、その輪から外れてしまっている愛犬の姿にもの悲しさを感じることもあるでしょう。

中にはあえて散歩時間をずらす、ルートを変えるという方法でモヤモヤした感情に折り合いをつけているという方もいます。

犬にとって仲の良い犬友がいるということは、

・お互いに全力で遊ぶことが出来る
・気分転換になる
・社会性が身につく

などのメリットがたくさんあります。

しかし、犬友は犬と暮らすうえでなくてはならない存在ではありません。

実際に犬友の必要性にはいろいろな意見がありますが、過度に飼い主さんが意識をしすぎるとせっかくの犬との生活が気分の重いものになってしまいます。

本当に犬友達は必要? 愛犬の性格を考えよう

犬にもそれぞれの性格や犬同士の相性、運動能力の良し悪しがあります。必ずしも犬だから、同じ犬種だからといって無条件に仲良くなれるものではありません。

例え毎日散歩ですれ違う場合でも、中にはお互いに目線すら合わせないこともあるでしょう。

これはごく自然な行為で決して無理強いをしたり、飼い主が気に病むことではありません。

例えば犬同士がお互いに歩みより、相手の臭いを嗅ぎ合う行為は人間がハグをするほどの距離感、親近感だと言われています。

一方ですれ違った時や交差点で同じ場所に立ち止まるときにお互いが相手の存在を無視して、目線も合わせない行為は、相手への敵意がない事をアピールしている行動です。

どんな犬にも積極的に近寄り、挨拶をする犬は社交的で周囲からも褒められることが多いものですが必ずしもこの行動が正解ではありません。

私達人間でも、街中ですれ違う人、交差点で同時に立ち止まる人全てと握手をし、ハグをし、会話をするわけではありませんから、愛犬のこのような行動も当然と言えるでしょう。

もし愛犬が周囲の犬に無闇に敵対心を表したり、吠えたりという問題行動を起こさずに、スマートな対応が出来ているならそれだけで十分! と褒めてあげましょう。

飼い主が楽しい、幸せでいると愛犬も幸せ

飼い主が楽しい、幸せでいると愛犬も幸せ

犬は飼い主の感情にとても敏感です。もし散歩の度に飼い主が犬友がいないこと、遊びの輪に入れないことをマイナスにとらえている飼い主をみると、自然と愛犬もその感情に共感し憂鬱な気分になってしまうでしょう。

これではせっかくの散歩やレジャーも十分に楽しむことが出来ません。

でももし犬友がいなくても、いつも遊び相手が飼い主でも気分が明るく、前向きならいつもの散歩がきっともっと楽しくなります。

愛犬にとって大切なことは、いつどのような場面でも飼い主が気分よく、明るくいてくれることです。犬友はあくまでも飼い主との楽しい時間の延長線上にあります。犬友がいないことを気にすることはありません。

愛犬とドッグカフェへ行ったり、公園を歩いたり、買い物に行ったりと楽しい事はまだまだたくさんあります。気持ちの持ち方を変えるとこれまでの景色とはまだ違うものが見えるでしょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる