INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬の緑内障について飼い主が知っておきたいこと

犬の緑内障について詳しく確認してみよう!

愛犬が緑内障かもしれないと思ったら知りたい情報まとめ

私たち人間が老いを痛切に感じるのは、視力の低下ではありませんか?

近くのものがよく見えなくなったり、遠くのものが全く見えなかったり、視野が狭くなったり、視界に影ができてしまったりと、歳を重ねるごとに目に異常や視力の衰えが痛感するようになってきます。

私たち人間が歳を重ねると、緑内障や白内障といった目の病気になることがあります。愛犬の目の状態はどうですか?

犬も歳を重ねることで目の病にかかることがあります。ここでは犬の緑内障についてご説明します。

犬の緑内障ってどんなもの?

犬は元々嗅覚に優れた生き物で、視力に弱い生き物です。人間で表わすと近視に近い視力です。

・犬は、住み慣れた家の家具や色々な障害物、散歩道の木々や道なりの障害物がどこにあるかなど記憶する能力にたけているので、犬自体加齢による失明をしていてもあまり生活には影響がないため、普段通りの元気な姿に、仮に愛犬が片目だけや両目を失明していても、飼い主が気が付かないことも多く、早期発見や治療によって失明を回避できる目の病気にかかっていることに気づかない場合があります

その目の病気の一つが緑内障です。

もし愛犬が必要以上に目をこすっていたら、もし目をしょぼつかせていたら、もし、赤い目の色をしていたら、もし目やにがたくさん出ていたら、もし突然涙を流していたら、もし目の色が白く濁っていたら、もしかしてそれは緑内障の前兆、初期症状かもしれません。

緑内障には、目の充血や目が以前より大きくなる牛眼の状態になったり、角膜浮遊による目の白濁や、視神経の強い痛みによる目のしょぼつき、毛細血管ができていたりするなどの症状があります。

緑内障の発症原因について

緑内障には、原発性のものと続発性のもの、先天性のものがあります。

緑内障の原因は、眼圧が異常に高くなり、網膜や視神経に障害を起こす病気で、房水という液体の排泄が滞り、眼圧が上がることで視覚障害による視力の低下、失明という症状を引き起こします。

・原発性の緑内障は眼の隅の部位は正常なので人間に多く見られる症状で、犬にはあまり発症しません
・続発性のものは眼の隅が非常に狭くなり、出血や水晶体の亜脱臼、ブドウ膜炎という別の病気から引き起こされます。犬の緑内障の一番の原因とされるものです
・先天性のものは遺伝性が高く、特に柴犬やアメリカンコッカ―スパニエル、シーズーやチワワ、ハスキー犬や秋田犬などの犬種が緑内障にかかりやすいと言われています

目に異常があるかどうかの見分け方として、結膜炎や角膜浮腫、散瞳、充血、うっ血などの症状が瞳孔に出ているか、牛眼の症状は出ていないかよく目を観察します。

その症状が出ていれば緑内障である兆候の可能性が高いので、病院で目の超音波検査などの緑内障の検査を行う必要があります。

急性緑内障の場合、ちょっと目の様子がおかしいけれど少し様子を見ようと放置してしまったりすると、緑内障の末期の症状であり失明してしまうという可能性がとても高いので危険です。

合わせて、化膿した膿が鼓膜に炎症を起こす場合もあります。少しでも目に異常が感じられたら、すぐに病院へ連れていく事をお勧めします。

愛犬が緑内障かもしれないと思ったら知りたい情報まとめ

緑内障の治療と費用について

実際の治療は、治療薬の点眼薬やステロイド注射などの内科的治療と、手術やレーザー治療などによる外科的治療が、状態に応じて施されます。

残念なことに、目が失明している場合には、痛み軽減のために眼球摘出手術が施されます。眼球の摘出手術の場合、飼い主の希望によっては、義眼を入れることもできます。

義眼手術を含めた手術費用は、病院によっても犬種によっても異なりますが、体重5㎏のシーズー犬の場合、眼圧検査やレントゲン検査、入院を二日とみて約18万円~となっています。継続費用として点眼薬などの治療費は診察料を含め1500円~です

治療は視力回復は期待できないので、眼圧を下げて病気の進行を遅らせる事を目的としています。緑内障は、再発はあっても、治ること、完治は非常に厳しい病気です。

仮に片目だけ摘出手術をしたとしてももう片方の予後にも注意をしなければなりません。片目に発症が見られた場合、もう片方に2年以内に発症する確率が約50%と言われています。

緑内障より怖い目の病気が白内障です。白内障は、加齢が主な要因ですが、糖尿病などの内臓疾患から起こりうる場合も多く、この場合、目の治療だけでなく、体の病気も合わせて治療しなければなりません。

ほかの病気から発生した白内障に緑内障やブドウ膜炎、水晶体の脱臼などを併発する場合もあります。この場合、ほかの病気、例えば糖尿病などを治さなければ、いくら目の治療をしても効果はありません。

この場合の多くは水晶体の摘出手術をしてインシュリンをコントロールしなければなりません。

この水晶体の摘出手術の予後はいい結果を生むことは非常に少ないとされていますので、早期発見、早期治療が、大切です。

早期の場合、点眼薬やサプリメントなどの処方薬で進行を遅らせることが可能と言われています。

緑内障・白内障の予防

予防方法は、定期的な検診と目に異常を少しでも感じ取れたら、いち早く病院へ連れていく事しかありません。

目の病気は、徐々に視力が落ちていくので、いつもと変わらない元気な愛犬の姿からは、なかなか察知しにくい所はありますが、老犬と呼ばれる年齢になった愛犬を飼っている場合は、意識して目の様子を観察することも必要なのかもしれません。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる