INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

多頭飼いのメリットとデメリット完全ガイド

多頭飼いのメリットとデメリット完全ガイド width=

犬の多頭飼いを考えの方に読んで頂きたいまとめ

たくさんの犬に囲まれて暮らす毎日に憧れたことはありませんか? 個性豊かな犬たちに癒され、知らなかった愛犬のくせや性格を発見し、改めて犬の魅力にひきこまれたいと思ったことはありませんか?

でも、現実問題として犬も人間同様、個性豊かな生き物なので、好き嫌い、相性が合う合わないという克服しなくてはならない課題が立ちはだかり、難しいものがあります。

多頭飼いをしたいと思ったとき、何に注意して、何を意識したほうがいいか、うまく多頭飼いできる方法はあるのかなどご説明します。

元々飼っている犬のほかに家族として犬を迎え入れたい場合は?

多頭飼いの飼い方の基本として、元々飼っている犬、先住犬がいて、新たな家族を迎え入れたいと考えたとき、まず考えなければならないのは、先住犬の性格です。

先住犬が好奇心旺盛タイプの場合の多頭飼い

例えば、先住犬の性格が好奇心旺盛の犬で、常に快活、普段から社交的な性格だった場合は、どんな性格を持った新しい犬でも受け入れることができます。

仮に、新しい犬のほうが萎縮タイプ、引っ込み思案なタイプの犬でも、一緒に遊ぼう、一緒に散歩しようと、相手を気遣うことができ、仲良くすることができますので、多頭飼いに適した犬です。

ただ、この場合、逆に新しい犬のほうにストレスがかかることが多いので、必要以上に先住犬が新しい犬にちょっかいを出すようだったら、少し距離を置くようにしなければなりません。

先住犬がおっとりタイプの場合の多頭飼い

おっとりしたマイペースの性格の先住犬の場合も、新しい犬を受け入れやすいとされていますが、新しい犬が攻撃的だったり、好奇心旺盛すぎたりした場合、先住犬がいい事も悪いこともすべて我慢してしまうことが多く、先住犬に精神的ストレスがかかる場合があります。この場合も状況を見て少し距離を置くようにしなければなりません。

先住犬が攻撃的な性格の場合

先住犬が攻撃的な性格を持っていた場合は、多頭飼いに向きません。主である事、リーダーであることを常に意識しやすく、自分のテリトリーを侵害されたり、侵害されそうになったりすると新しい犬と喧嘩することが多くなります。時には、新しく迎え入れた犬の性格まで攻撃的になってしまう場合があります。

甘えん坊な先住犬と多頭飼い

今まで飼い主の愛情を独り占めにしていた甘えん坊な性格の犬の場合、飼い主の自分への興味関心をそがれた、愛情を取られたと拗ねてしまったり、いじけてしまったりとやきもちを焼くことが多にしてあります。

すねるだけならまだしも、嫉妬からくる感情の高まりで新しい犬へ攻撃したり、まったく飼い主の言うことを聞かなくなったり、飼い主が離れてしまったと感じる不安分離症になったり、ストレスからくる嘔吐や下痢の症状を引き起こしてしまう事がありますので、この場合は先住犬と新しい犬への愛情は平等ではなく、先住犬のほうへ多くの愛情を注ぐことが大切です。

餌を与える時、先住犬から先に与える、おもちゃを与える時、先住犬のほうへ先に声をかけるなど、わかりやすい優先順位、上下関係をつけてあげることです。

気の弱い先住犬との多頭飼い

先住犬が気が弱い場合、新しい犬のタイプによっても現象は異なりますが、好奇心旺盛なパワフルタイプの犬の場合、かまわれ過ぎ、まとわりつかれ過ぎると、しばらくは怖がる、逃げる、隠れるといった行為をし、我慢しきれなくなると防衛本能から新しい犬を噛むことがあります。

この現象は新しい犬が子犬の場合に多く、噛まれたことでけがをしたり、仲が悪くなり、けんかが絶えなくなります。

この場合は、子犬が先住犬のペースに慣れるまで、飼い主が子犬の行動に注視して、行き過ぎの場合は注意し少し距離を置くように心がける必要があります。

先住犬の年齢と健康状態を確認しておこう!

何より先住犬の年齢と健康状態、精神状態を考慮する必要があります。

・その理由は、先住犬が若くて快活、健康的で社交的だったら多少のストレスを感じても、新しい犬と暮らす生活になれて来れば多頭飼いの生活を自分なりに楽しむことができるようになりますが、老犬だと状況は異なります

私たち人間のおじいちゃんやおばあちゃんが、幼稚園生や小学校低学年の動きの激しい鬼ごっこについていけないように、老犬は新しい子犬や成犬の動きについていけず、新しい犬の存在自体がストレスになってしまう場合もあります。

逆に、幼稚園の送り迎えをしているおじいちゃんやおばあちゃんがお孫さんの元気をもらって、日増しに元気ハツラツになっていく場合もあります。

一概に老犬と子犬、成犬が合わないとは言い切れず、あくまで今の先住犬が置かれている状態を把握し、引き合わせるタイミングを見計らう必要があります。

犬の多頭飼いを考えの方に読んで頂きたいまとめ

多頭飼いのしつけ方は?

犬は賢い生き物です。新しく迎え入れた犬は、先住犬の動きを見て学習することができます。先住犬のしつけはできていますか?

無駄吠えやトイレ、甘噛みやマウンティング、留守番や食糞など、先住犬はきちんとしつけられていますか?

もし先住犬しつけがうまくできていない場合は、できていないしつけの部分を新しい犬が真似して正しい行為だと認識してしまう場合がありますので、多頭飼いをするときは、新しい犬に正しいしつけを教えるとともに、先住犬にもしつけを教え治すことも必要です。

犬という生き物は不思議なもので、一頭が唸るとほかの犬は何事? と言いたげな顔をしつつ客観視できるようで、唸りに対して真似してうなることはあまりありませんが、一頭が鳴くとつられてほかの犬も鳴きます。

一頭でもうるさいのに、多頭になるとご近所への配慮もしなくてはならなくなります。まるで無駄吠え競争でもしているかのように収拾がつかなくなると大変です。

縄張り意識に注意が必要です!

犬は元々自分の縄張り意識が高い生き物です。

一緒のベットに寄り添って一緒に寝るといった例外の犬もいますが、基本的に一つの小さなトイレを共有したり、同じゲージを寝床にすることはありません。仮に共有できる犬同士でも、市販の一頭用のゲージに数頭のトイレ、数頭の寝床は狭くて無理があります。

理想の環境は、一頭に付き一つのトイレの数、一つのゲージの数ですが、頭数分のアイテムを置くだけのスペースをとることは正直無理、悩みの種ですよね。

そのような時は、大きめのサークルを準備し、部屋の中に、トイレスペース、寝床スペースを作ることをお勧めします。

大きめのサークルの中にトイレシートを数枚引くことで、トイレの場所を作ります。大きめのサークルの中にタオルやシーツを敷き、寝床スペースを作ります。トイレにも寝床にも余裕を持たせることが必要です。

その際の注意点ついては、ちゃんとトイレスペースで排泄ができるか、夜寝るとき、ちゃんとサークルの中でおとなしく眠れるか、夜鳴きはしていないか、新しく迎え入れた犬が子犬だった場合、興味本位や遊びの延長で食糞をしていないかなどを注意することが必要です。もしできていない場合は、先住犬も含めてしつけをすることが大切です

多頭飼いでは性別も考慮しよう!

多頭飼いする場合、犬個体個体の性格の問題のほかに、性別の問題、体の大きさの問題を考えることも必要です。

性別の問題として、一般的にうまく多頭飼いできる性別、オスとメスの組み合わせです。

ここで注意しておきたいのは、オスとメスを飼う場合、発情期、交配はどうするかということです。赤ちゃんを取る予定がないのであれば、どちらか一方、もしくは両方、去勢手術、避妊手術をする必要があります。

妊娠してみて飼えない、生まれてきてから飼えないといった不幸な状況は避けなければなりません。今の生活を考慮しつつ、家族が増えても大丈夫か否かを後悔しない判断するべきです。

その次に合う組み合わせはメス同士です。

犬は元々リーダー的存在を意識する生き物です。オス同士の場合、年齢差がある事、性格が似通っている事、飼い主の対応次第ではうまく多頭飼いできますが、一般的にオス特有の常にどちらかが優位に立とうとする生態が邪魔して喧嘩が絶えず、トラブルが多いとされています。

当然なことながら親子の多頭飼いはほぼ何の心配もいらないとされています。

小型犬と大型犬など体の大きさは考慮するべき?

体の大きさの問題は、遊びやじゃれあいの中で大型犬が小型犬に怪我を負わせてしまったという場合も多く、また散歩も歩幅が違うので、小型犬用の乳母車を持って一気に散歩する場合と、大方犬、小型犬に分けて散歩に行く場合、何より、大型犬は一日2回走るといった運動量と約1時間の運動時間を必要としているのに対し、小型犬は室内もしくは30分前後の軽い運動で済むことから、散歩の内容も考えなければならない事を忘れてはいけません。

一般的には先住犬が小型犬で、新しい犬が大型犬の場合のほうがうまくと言われています。

ちなみに犬と猫の場合も、猫はわれ関せずな所がありますので、問題は少ないでしょう。犬は周りを気にしますが、猫の場合、犬がまとわりついて来ることが嫌ならシャーと威嚇声をあげてその場を去りますし、元々犬と一緒に何かをしようとする気持ちがないので、問題は少ないとされています。

多頭飼いするメリットとデメリットって何?

ペット、犬の多頭飼いは正直大変です。ですが、飼い主にとっても犬にとっても、喜びや楽しさ、すべてが倍になり、悲しみやつらさが分かち合えることでほんの少し軽減します。

今まで留守を一頭で守ってきた犬にとって、仲間が増えることは寂しくない環境になり、今まで一人遊びしかしたことのない子は、新たな遊び方を知ることができます。

老犬は若い活力や英知を刺激に、痴呆を遅らせ、寿命を延ばし、少しでも長生きすることもできるはずです。

・何より、犬は本来、群れの生活を好む生き物です。その本来の生態を垣間見させてあげられる事、犬と仲良くし、じゃれあうこと事、なめる事、吠える事、唸る事などを体感させてあげられることが最大のメリットともいえるでしょう

そして飼い主に癒しとぬくもり、楽しさ面白さという精神的な安らぎを与えてくれるのも忘れてはならないメリットです。

悲しい事ですが、病気や老衰で愛犬がなくなってしまった場合、いくらほかに愛犬がいてもその愛犬のかわりはいるはずもなく、悲しみは深いものがあります。ほかの愛犬も、犬の死を感じます。

いつもいるはずの犬がいない事を悲しみ、慈しみ、時に泣くこともあります。

残された愛犬とともに悲しみを分かち合うことで、ほんの少しですが気持ちが軽くなることがあります。多頭飼いのすばらしさ、幸せに満ちた気持ちの充実感には奥深いものがあります。

逆に、飼育にかかる手間や時間、お金も倍になります。相性が悪い犬同士だったら喧嘩やじゃれあいが絶えず、一緒に遊ばない、散歩は脱線だらけと、いつも注視していなければならない気苦労があります。

一頭が感染症の病気やアレルギーにかかると連鎖的に感染する場合もあります。

一頭のしつけができていなければ、人間と同じように楽な楽なほうへ真似する習性がありますので全頭しつけをし直す手間がかかります。犬を多頭飼いするコツは、先住犬の最初のしつけにあるのかもしれません。

・デメリットをメリットに変えていくためには、普段から飼い主の何気ない努力が必要不可欠です

犬を多頭飼いするとき、事前準備として先住犬と新しい犬の顔合わせや、お互いの初対面の交流の様子が見られたら、その犬の性格に合った会わせ方が試せたら、多頭飼いの失敗は防ぐことができます。

ですが、実際はなかなか事前に合うか合わないかを試すすべはありません。今の生活環境を客観視し、多頭飼いの喜び充実感を得るための努力を惜しまない決断ができてから、多頭飼いをすることをお勧めします。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる