INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬の喧嘩の止め方と回避方法まとめ

犬の喧嘩の理由と止め方、回避方法についてのまとめ

もし犬が喧嘩してしまったら

犬は縦社会の生き物です。 強い者がリーダーとなって群れを守り、群れのメンバーはリーダーに服従し、社会を形成する。長い間、そうして支えあいながら生存競争を生き抜いてきた犬という生き物は、やがて私たち人間と出会い、人間社会の一部になりました。

そのパートナーである人間が都市生活を始めた事で、たくさんの犬が一頭飼いされるようになった事から、喧嘩の仕方を知らない犬が増えてしまうという問題が持ち上がってしまいました。

今日は、ペットとしての犬の喧嘩について考えていきたいと思います。

どうして、犬は喧嘩をするの?

まず、コミュニケーションの一環として喧嘩をする事は、犬の習性の一つです。

・群れをしっかりと形成する為には、序列を明確にする必要があります、その順位を付ける為に、喧嘩が発生する事があります。

特に、仲間たちの上に立って、自分こそが群れを統率していこうという欲求の強いオス犬たちの間には、このタイプの喧嘩が多いとされています。

また、遊びの延長にあるじゃれ合いとしての喧嘩を通し、噛む力の加減や勝敗等を察する事で、仔犬たちは親犬や兄弟犬、群れの先輩犬たちから、犬社会のルールを学ぶ事もできます。

・しかし、人間だけに囲まれて育つ一頭飼いの犬の中には、そうした喧嘩の作法が分からず、他の犬とコミュニケーションとしての喧嘩をするべき場面で、攻撃性だけを押し出した本気の喧嘩をしてしまう事があります

そうした喧嘩の遊び方を知らない犬には、じゃれ合いと喧嘩の区別は付きません。

その為、唸り声をあげたり、歯をむき出しにしたり、相手に噛みつく素振りを見せたりして、むやみに自分のテリトリーを主張しがちです。

反対に委縮してしまい、身体の震えが止まらなくなってしまったり、ケージがら出る事ができず引きこもり状態になってしまったりする事もあります。

・また、多頭飼いの犬の間で発生する喧嘩は、食べ物への執着が引き金になる事があります

同じ量の餌を平等に与えていても、他の犬が食べている分が羨ましくなってしまって、喧嘩をふっかけてしまう犬がいる場合には、対策としてのしつけが必要になってきます。

その場合に行うしつけの目的は、問題を起こす犬に、彼の属する群れの序列をハッキリと教えてあげる事にあります。

しつけの方法としては、餌の時を活用するのが良いでしょう。

地位の高い犬から順番に餌を与えます。飼い主 > 地位の高い犬 > 問題犬という序列を目に見える形にする事で、問題犬はその群れのルールを学ぶ事ができます。

それさえ理解させてあげると、犬という社会性のある生き物が、食べ物への執着から喧嘩を引き起こす可能性はぐっと抑える事ができます。

・さらに、新しいメンバーが群れに加わる場面においても、喧嘩が発生する事があります

基本的には、新しい犬が先住犬に喧嘩を吹っかけても、群れの中での存在感や、多くの場合においては体の大きさ、力の強さ等がある為、深刻な問題にはなりません。

社会性のある先住犬が「自分の方が強い」という事を知っていて、群れの調和の為に手加減してあげるからです。

・だからこそ、この先住犬の方にストレスが溜まってしまい、堪忍袋の緒が切れるようにして、新しい犬に攻撃性を表してしまう事があります

新しい犬が仔犬、幼犬であったりすれば、成犬の反撃でケガをしてしまう可能性もありますので、新しい犬の先住犬に対する態度に度を越したところがあるようなら、飼い主が新しい犬を制止してあげる事が必要でしょう。

最後に、妊娠中のメス犬は、精神的・身体的なストレスから不安定になっている事が多い事から、喧嘩っ早くなってしまうと言われています。

大事な時期にケガをしてしまっては大変ですから、できるだけストレスのかからない状態に保ってあげる事はもちろん、普段のじゃれ合いが喧嘩に発展してしまわないよう、よく目を配ってあげる必要があるでしょう。

犬の喧嘩対策って?

犬は元々、狩りをして生きる動物です。その為、動物の弱点や急所をいち早く見抜き、的確に攻撃する能力を持っています。

もしも犬同士が本気で喧嘩を始めてしまえば、流血の大惨事になっても不思議はありません。次から犬の喧嘩を避ける方法をもっと深く考えていきましょう。

犬の喧嘩を避ける方法

自分の飼っている犬同士の喧嘩を避ける為には、先に述べたような犬同士の序列を安定させる為のしつけと、犬同士の穏やかな触れ合いを通した社会化を行うのが良いでしょう。

また一頭飼いの場合も、仲の良い犬友達の飼い犬さんに協力してもらう等して、ゆっくり気長にトレーニングを続けていく事で、状況を改善していく事は可能です。

犬の喧嘩について、特に深刻な問題になるのは、知らない犬とトラブルを起こしてしまった時でしょう。

・自分の愛犬をきちんとしつける事が出来ていても、散歩で出会う知らない犬がトラブルを持ち込んでくる場合があります

しつけのできていない犬の行動は予測できません。少しでも「おかしいかも?」と思い当たるような節があれば、相手を刺激しないようにその場を離れる事が必要です。

また、相手に喧嘩を吹っかけられた側だとしても、逆に愛犬の反撃が相手を傷つけてしまえば、問題が大きくなってしまいます。

そうした事態を招かない為にも「待て」や「来い」等、愛犬の行動を止められるコマンドを、しっかりと身につけさせておく事が必要です。

・愛犬の身の安全を確保できれば、問題のある犬と必要以上の関わり合いを持つ事になる前に、さっと立ち去る事が出来ます

微笑ましいと思っていた、一見して無邪気なじゃれ合いが、本気の喧嘩に発展する事もあります。

何よりもまず、飼い主が常に愛犬の安全の為に警戒を怠らない事が必要です。

犬が喧嘩をしてしまったら?

攻撃性の強い犬に絡まれた場合には、水をかけて追い払うのが手っ取り早いのですが、手近に水場がある事の方が少ないでしょうし、相手の飼い主に自分の犬を制止するよう求めたり、周囲に助けを求めたりと、臨機応変に対応する必要があります。

相手が野犬であったり、健康管理の不十分な犬であったりすれば、どんな病気を持っているか分かりません。

・犬だけでなく、飼い主本人も、ケガをしないうちに撤退を決め込む事は重要です

もしも愛犬がケガを負ってしまったら、飼い主としてはパニックに陥ってしまっても不思議はありません。一刻も早く何かしてあげなくてはと、空回りしてしまう事もあるかもしれません。

しかし、そこをグッとこらえて、愛犬の為に冷静な判断をしたいところです。

・まず、愛犬が噛まれた直後に、キズを見ようとしてはいけません

噛まれた犬は、その事に興奮して神経過敏になっています。その過度な緊張から、飼い主を噛んでしまう事もあるからです。

様子を観察する間だけ、ほんの少し時間をおいて、愛犬が冷静さを取り戻してから、噛み傷の状況を確認する事をお勧めします。

噛み傷というのは、小さいように見えても意外と深い場合があります。犬の場合は、皮膚が毛に覆われているせいで、ケガの全体像がつかみ難いので、注意が必要です。

・また、噛み傷というのは上下の歯で付くものなので、一ヶ所キズがあれば、近くに別の傷口がある可能が高い事も、覚えておいた方が良いでしょう

傷を発見した場合、出血があるようなら、清潔なタオルやガーゼの上から圧迫して止血し、素早く病院に連れて行きましょう。

犬に限らず、生き物の口には様々な細菌が棲んでいるものです。噛み傷は膿んだり炎症を起こしたりしやすいので、適切な治療を受ける必要があります。

傷を負った箇所で特に注意が必要なのは、目と耳です。

目と耳は圧迫して止血する事が出来ません。できるだけ安静にさせてうえで、清潔なシーツやタオルにくるんだ状態で、可能な限り早く病院に連れて行ってください。

・また、ケガが完治しても、心のキズが癒えないままになる犬もいます

深刻なトラウマを抱え、他の犬を見るだけでも震えが止まらなくなったり、夜泣きや分離不安を起こしてしまう事も多く、日常生活をスムーズに送れなくなる事もあります。

その場合には、愛犬とのコミュニケーション強化を図り、根気強く心のケアを行ってあげましょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる