INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

愛犬がこたつ好きでも大丈夫? 知ってほしい危険性

愛犬がこたつ好きでも大丈夫? 知ってほしい危険性

「犬は喜び庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる♪」

寒い時期になると、このフレーズを耳にすることが増えますが、今どき雪が降って大喜びで庭をかけまわる犬は少ないかもしれません。

こたつが好きな犬もいますが、実際犬がこたつに入ってしまうことは健康上、大丈夫なのでしょうか?

ここでは、犬をこたつに入れる危険性についてご説明していきます。

犬はこたつに入れない方が良い?

結論から言いますと、基本的に犬をこたつに入れる事は、健康上は好ましくありません。

そもそも多くのこたつは犬をはじめとするペットの使用を想定されていないのです。こたつの取扱説明書に、ペットを中に入れる事の禁止が明記されている事は珍しくありません。

大切な愛犬を危険から守り、出火を防ぐ為にも、こたつに入らないというしつけを行う方が本来は好ましいでしょう。

犬がこたつに入ることで起こりうる症状

ここ最近の厳しい寒さの冬では、いけないとは分かっていても、こたつの中に入り込む犬を止めることも気が引けますよね。

しかし、こたつはペットの使用を想定されていないことから、こたつに入っていると起こる危険な症状もみられます。

熱中症・脱水症状

足を突っ込んで、暖を取るには心地いいこたつの熱。ですが、多くの場合頭まで入ってしまう犬にとっては、クセモノです。

犬は口で体温調節を行う生き物です。

暑い日や運動した後に、大きく舌を出してハァハァと言っているのは、汗をかけない代わりによだれを気化させる事で、熱を空気中に放出し、体温を下げようとしているのです。

ですが、こたつに入った犬の多くは、ぐっすり眠りこんでしまい、呼気で体温を下げる必要性に気が付きません。

ここから、うっかり熱中症になってしまう事があります。また、暑さから脱水症状を起こしてしまう事も……。

夏は気を付けてあげられても、冬は盲点になっている事の多い症状です。

深刻な場合は命の危険に至る事もあるので、飼い主が気を付けてあげる必要があるでしょう。脱水症状から血液の流れが悪くなり、血栓ができて梗塞に至るケースもあるので、要注意です。

低温やけど・乾燥肌

低温やけど・乾燥肌

また、こたつの発する熱そのもので、低温やけどを起こす場合もあります。空間ごと温めるこたつでの低温やけどは、範囲が広くなりがちです。

深刻なものになると、皮膚の奥の方にある細胞が壊死しているという事もあるそうなので、要注意です。

症状がなかなか出てこないというのも、低温やけどの怖いところ。こたつを使用している時期は、こたつの外での犬の様子も、しっかり観察してあげるべきでしょう。

また、こたつの中の乾いた空気が、大事なワンちゃんの肌から水分を奪って、肌が乾燥してしまう事があります。

「犬の皮膚は、被毛に守られてるから~」と、甘く見がちですが、被毛に頼っているからこそ、犬の皮膚の厚さは人間の三分の一程度。実は犬の皮膚って、とってもデリケートなんです。

乾燥肌が原因になる事も多い、痒みやフケの問題は、犬にとっても飼い主にとっても大きなストレス。

保湿や加湿も大事ですが、まずは乾燥の原因から遠ざけてあげるのも効果があるでしょう。

ケガの危険

「こたつに入ったって、じっと寝てるだけだし大丈夫でしょ?」なんて甘く見ていると、大切なワンちゃんが思わぬケガを負ってしまう事も。

おとなしくしているように見えて、布団の下で電気ケーブルをかじってしまっているかも知れませんし、寝返りでケーブルが首に巻きついてしまえば、窒息してしまう恐れもあります。

狭く見通しが利かず、ただでさえも息苦しい空間で首が絞まるなんていう事になれば、パニックを起こしてしまっても不思議ではありません。

こたつと犬の付き合い方、大好きなワンちゃんも多いので難しいところですが、線引きはきっちりしていきたいですね、次からもっと深く考えていきましょう。

もし犬がこたつに入ってしまうなら

こたつに入らせないようにするとしても、しつけというものには根気と時間が要りますよね。

つまり、差し当たってできる事を考えなくてはいけません。まず思いつくのは、こたつが暑くなり過ぎないようにする方法です。

・犬がこたつに入ったら電源を切る
・定期的に布団を持ち上げて、空気を通す

等の対応が考えられるでしょう。

確かに、犬も自分の体調管理には気を使います。暑くなったら、自主的にこたつを出て、水分補給に向かうというのは、基本的に本当です。ですが、熱中症や脱水症状の知識を持っている人間だって、うっかり体調を崩す事はありますよね。

何よりも、まず飼い主が犬の事を常に気にかけてあげる事が大切です。ケーブルに関する事故に関しても、飼い主の注意がモノを言うのは同じです。

愛犬がどんな様子で、何をしているのか、しっかりと把握してあげる事が第一です。もしもイタズラが止まらないようなら、ケーブルを補強したり、場合によっては、こたつの使用を諦めるくらいの事をしてあげる必要が出てくるかもしれません。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる