INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

オス犬の去勢手術をするメリット・デメリットまとめ

オス犬の去勢をするメリット・デメリットまとめ

日々成長していく愛犬の今後について考えていくと、必ず向き合わなければならない問題が去勢です。

愛犬の赤ちゃんが欲しい場合と、愛犬との充実した日々を重ねていきたい場合、手術も何もしないこのままで過ごしていった場合と、手術をした場合のリスク。

ここでは犬の去勢のメリット・デメリットをご説明します。

犬の去勢手術をするメリット・デメリットって?

去勢に関してはする、しない、すべきか、しないべきか、去勢をすることには賛否両論の意見があります。

「術中に体調の異変が起きて最悪な事態を招いてしまうかもしれない」
「だったら手術をしなくてもいいのではないか」
「小さな体にメスを入れるのは可哀想じゃないか」
「自然の摂理のままでいいのではないか」

という意見と、

「病気予防や生活行動の改善を考えると、子孫を取る予定がなければ手術をすべき」

という意見。双方正しい意見で双方納得できる意見です。そして、簡単に去勢すべき、しないべきと判断できることではありません。

当然、手術にはメリット、デメリットがあります。獣医の説明をよく聞き、今の生活スタイルと犬の生態条件をよく照らし合わせて、最も適した判断、決断をすべきです。

犬の去勢のメリット

・病気の予防
・長生きする
・ストレス、攻撃性の軽減

去勢をするメリットは、男性ホルモンから内臓疾患の病気予防と問題行動の抑制ができる事です。

去勢手術をすることで、前立腺肥大、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腫瘍などの病気を予防することができます。

客観的に見て、去勢手術をしないよりは長生きするということです。

問題行動の抑制としては、マーキングやマウンティング行動を抑制し、攻撃性がなくなり、逃避癖がなくなります。

去勢をすると、性格が変わるとされています。穏やかな性格になり、ちょっと甘えん坊になる場合もあるとされています。

トイレも足上げをしなくなる子もいるとされていますので、室内でオス犬を飼われている方には汚れが少なるかもしれないという効果もあります。

犬の去勢のデメリット

・手術失敗のリスク
・皮膚疾患
・太りやすい
・子どもがつくれなくなる

逆にデメリットは、全身麻酔で手術を行いますので、麻酔手術による死亡、ショック死する場合があるということです。

そのほか、術後の尿管異常尿疾患や療合遅延、術創の離開、感染症、アレルギー反応といった症状を引き起こす場合があります。

何より、術後傷口が気になり、自分で掻いてしまう自己裂傷や体質が変わり、体重増加が著しくなる肥満現象、脱毛や毛並みが悪くなる皮膚疾患というリスクを生じます。

特に体重管理には注意が必要です。せっかく、去勢手術で内臓疾患病を予防しているのに、肥満からくる疾患、糖尿病などを引き起してしまっては、去勢手術をした意味がなくなります。

健やかで伸びやかな生活をさせてあげるために、長生きさせるために、術後の栄養補給、食事管理には気を配るよう注意を図りましょう。

そして、当たり前のことですが、生殖器を取り除くことになるので、今後子どもはつくれなくなってしまいます

最後に

手術のテクニックや機械技術も高度になって、犬への身体的、精神的負担が減ってきているとはいえ、体にメスを入れることに抵抗を感じる方もまだまだ多いはず。

愛犬の体質を鑑みて、獣医と相談、愛犬にとって一番いい選択をしてあげて、快適な毎日を過ごせるようにしてあげたいものですね。

去勢手術をすることに決めた人は、オス犬の去勢手術の基本知識や術後のケア方法、犬の変化も知っておいてくださいね。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる