INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

愛犬の無駄吠え対策! 騒音トラブルに悩まされている方必見

愛犬の無駄吠え対策! 騒音トラブルに悩まされている方必見

愛犬の無駄吠えは家族でもストレスに感じるものです。でも家族以外にとっては…毎日同じ時間に鳴く、突然激しく吠えたてる犬にさらに不快感を募らせています。

愛犬の無駄吠えが原因で騒音の問題が生じた場合は即座に解決策を講じましょう。

意外に響く小型犬の鳴き声

実は日本でペットとして飼育されている小型犬、室内犬の多くは元猟犬種という背景をもっています。

例えば、

・ミニチュアダックスフンド
・ヨークシャーテリア
・シュナウザー
・アメリカンコッカー
・ビーグル

などです。

これらの犬種はそのサイズから今では当たり前に室内で生活をしていますが、元は野山を駆け回り活躍する猟犬たちです。当然声質は大きく、よく通ります。ダックスやビーグルの声は狩猟の際は1km離れた場所にいる飼い主にまで届くとさえ言われています。

このような特殊な声質を持つ犬が室内で吠えるのですから、周囲が騒音と感じてしまうのも当然の事でしょう。決して周囲が神経質、犬嫌いな訳ではないことを受け入れましょう。

留守中にできる無駄吠え対策

実は無駄吠え問題の多くは飼い主の留守中に起きています。飼い主不在の室内では犬は自身の行動を制御することが出来ず、いつまでも鳴き続けます。

その結果、周囲には大変な不快感を与えます。ただ飼い主自身がこの問題を把握できていない場合が多く、周囲から申し出があることで初めて知るということも少なくありません。

このような問題が起こる家庭では、

・留守中は愛犬が室内で自由に生活をしている
・多頭飼い
・玄関や窓の近くのサークルを設置している

という共通点がみられます。留守中の問題行動だから仕方がない、しつけのしようがないと諦めてしまう前にまずはこの点を解決しましょう。

解決するためには、

・留守中はサークルに入れ過ごさせる
・多頭飼いの場合、1匹ずつでサークルに入れ、無駄吠え癖のある犬は単独で別部屋にサークルを置く
・玄関や窓など騒音が多い場所にサークルを置かない

という方法が効果的です。

特にサークルの活用はすぐにでも取り入れたい方法です。サークルを活用することで、犬の行動範囲は限定されます。このことを可愛そうと勘違いしてはいけません。犬にとって狭く、暗い場所はかえって落ち着く空間だからです。

留守の間、広い室内を自分一人で四方八方に注意を払うのは犬にとって相当なストレスです。しかしサークルなら自分の視界に入る範囲、体が触れる範囲にだけ注意を払えばよいのですから、負担を軽減できます。

もし無駄吠えをしてしまっても行動範囲がサークル内に限定されているので、すぐに冷静さを取り戻すことが出来ます。

この方法で留守中の問題へ応急的な対処をしつつ、休日を活用し無駄吠えの根本的なしつけに取り組みましょう。

立ち入り禁止ゲートの活用で無駄吠え対策

犬が無駄吠えをするきっかけは屋外からの騒音が大半です。

・玄関チャイム
・車やバイクの騒音
・通行人の話し声

不意に聞こえる正体不明の騒音に愛犬が条件反射的に反応して問題は起こります。

無駄吠えの原因はわかっていても、なかなか事前に予防することは難しいものです。そのために効果的な方法は玄関や廊下、窓枠の手前には愛犬の立ち入りを禁止するゲートを設置しましょう。

愛犬がこのエリアに立ち入らないだけでも屋外への音漏れを軽減する効果を期待できます。もちろん愛犬がゲートの手前で吠えることもあります。その場合はゲート前でお座りをするようにしつけをすると効果的です。

すでに起こってしまっている問題行動の解消には家族全員でルールを共有し徹底して守ることが大切です。解決までに時間がかかることもありますが諦めずに取り組みましょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる