INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬の多頭飼いのメリットとデメリットを考えてみた

犬の多頭飼いのメリットとデメリットを考えてみた

たくさんの犬に囲まれて暮らす毎日に憧れたことはありませんか?

多頭飼いするのは飼い主だけではなく、犬の性格なども考慮しなければならないのでじっくり考える必要があります。

ここでは多頭飼いを希望している人に、犬を多頭飼いするメリットとデメリットをご紹介します

犬の多頭飼いするメリット

まずは多頭飼いするメリットからみていきましょう。例をあげだすとキリがないので、ここでは6つのメリットをご紹介します。

・運動不足やストレスが解消できる
・犬に寂しい思いをさせなくていい
・老犬は痴呆を遅らせられる
・二匹目のしつけが楽
・犬本来の生き方ができる
・喜び2倍、悲しみ半分

運動不足やストレスが解消できる

今まで一人遊びしかしたことのない子は、新たな遊び方を知ることができたり、みんなで遊ぶことで運動不足も解消し、それによりストレスもなくなります。飼い主がおもちゃを使って遊んであげることも少しは減るかもしれません。

犬に寂しい思いをさせなくていい

飼い主が帰るまで家でずっと一匹で待っていた犬も、仲間が増えることで寂しくなることがメリットです。不安からのストレスもなくなりいい事だらけですね。

老犬は痴呆を遅らせられる

老犬は若い活力や英知で刺激をもらうことができます。それにより痴呆を遅らせ、寿命を延ばし、少しでも長生きができるようになるのです。

二匹目のしつけが楽

犬は先輩犬を真似する習性があります。先住犬のしつけがしっかりできていれば、二匹目のしつけは格段に楽になることもメリットです。

犬本来の生き方ができる

犬は本来、群れの生活を好む生き物です。

その本来の生態を垣間見させてあげられる事、犬と仲良くし、じゃれあうこと事、なめる事、吠える事、唸る事などを体感させてあげられることが最大のメリットともいえるでしょう

喜び2倍、悲しみ半分

犬の多頭飼いは正直大変です。ですが、飼い主にとっても犬にとっても、喜びや楽しさ、すべてが倍になり、悲しみやつらさが分かち合えることでほんの少し軽減します。

犬の多頭飼いするデメリット

犬の多頭飼いするデメリット

多頭飼いするメリットもあればデメリットもあります。5つのメリットをご紹介しますので、多頭飼いする時の参考になれば嬉しいです。

・時間やお金が倍必要になる
・相性が悪ければ喧嘩がたえない
・散歩が大変
・病気になると感染する
・他の犬の死を目の当たりにする

時間やお金が倍必要になる

多頭飼いするデメリットで一番気になるのは、飼育にかかる手間や時間、お金が倍になることです。フードやその他のペット用品、ワクチン接種などのことを考えると、多頭飼いする前に一度シミュレーションしておいたほうがよさそうですね。

相性が悪ければ喧嘩がたえない

相性が悪い犬同士だったら喧嘩やじゃれあいが絶えず、一緒に遊ばない、散歩は脱線だらけと、いつも注視していなければならない気苦労があります。

散歩が大変

相性が悪いこともそうですが、年齢や小型犬、大型犬によっては一緒に散歩できないこともあります。そうなると散歩の量も2倍になるので大変ですね。

病気になると感染する

一頭が感染症の病気やアレルギーにかかると、連鎖的に感染する場合もあります。一匹飼いの時よりも犬の体調に気をつけないといけません。

他の犬の死を目の当たりにする

悲しい事ですが、病気や老衰で愛犬がなくなってしまった場合、いくらほかに愛犬がいてもその愛犬のかわりはいるはずもなく、悲しみは深いものがあります。ほかの愛犬も、犬の死を感じます。

いつもいるはずの犬がいない事を悲しみ、慈しみ、時に泣くこともあります。

しかし、残された愛犬とともに悲しみを分かち合うことで、ほんの少しですが気持ちが軽くなることもあります。多頭飼いのすばらしさ、幸せに満ちた気持ちの充実感には奥深いものがあります。

最後に

デメリットをメリットに変えていくためには、普段から飼い主の何気ない努力が必要不可欠です。

犬を多頭飼いするとき、事前準備として先住犬と新しい犬の顔合わせや、お互いの初対面の交流の様子が見られたら、その犬の性格に合った会わせ方が試せたら、多頭飼いの失敗は防ぐことができます。

ですが、実際はなかなか事前に合うか合わないかを試すすべはありません。

今の生活環境を客観視し、多頭飼いの喜び充実感を得るための努力を惜しまない決断ができてから、多頭飼いをすることをお勧めします。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる