INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬の換毛期、抜け毛の理由と対策をご紹介

犬の冬毛、抜ける?抜けない?

換毛期とは、犬の冬毛、抜ける? 抜けない?

「毛の抜けない犬」と言っても、全く抜けないなんて事はありません。

初めて飼う犬を選ぶ時、お子さんやご両親、連れ合いの方と一緒に、ワクワクしながら犬種図鑑を覗き込んで、「この子、すごくカワイイ! 毛も抜けないんだってー!」なんてセリフを口にした事がある方も、多いのではないでしょうか。

そして、いざ犬と一緒に暮らし始めたら「あー……そんな事も書いてあったっけ(笑)」と、懐かしい気持ちになりつつ、今日もスーツやセーターにくっついた犬の毛を、せっせと取り除いている方も、かなりいらっしゃるかと思われます。

・毛の抜けにくい犬はいますが、毛の抜けない犬はいません

被毛というのは、犬の生まれ持つお洋服。私たち人間もクローゼットのお洋服を入れ替えるように、犬だって被毛を入れ替えて、いつでも一番ステキで快適な状態をキープしておきたいですもんね。今日はこの換毛期について考えていきましょう。

換毛期は、犬の衣替え

基本的に、犬の毛は一年中ずっと生え変わり続けています。私たち人間だって、穴の開いた靴下を買い替えるのに、わざわざ衣替えを待ったりしませんもんね。

ただ、季節が移り替わって気候が変化してきたら、ここぞというタイミングでクローゼットをごっそり整理して、来たるべき暑さ・寒さに備えたいところ。

・その衣替えのタイミングが、多くの犬に訪れる換毛期になります

気候の変化が引き金になり、毛の生え変わりが活発になる期間が換毛期ですので、その時期はおおむね春や秋になります。

ですが、犬の種類や生活環境によっては、換毛期というほど大規模な生え変わりが起きない場合もあり、すべてのドッグ・オーナーが気にかけておかなくてはいけない事というわけではありません。

たとえば、原産地が気候の変化にとぼしい場所だった犬種は、季節の変わり目だからと大量の毛を落とす事は少ないですし、室内で育つ犬は、もともと換毛期のある犬種だったとしても、室温がきっちりコントロールされた環境に適応して、換毛期らしい換毛期を迎えない事があります。

もちろん、季節に合わせて被毛を替えるのですから、いわゆる夏毛と冬毛には違いが出てきます。

夏用の被毛は、スッキリ日除けタイプ

汚れやダメージ、日差し等のストレスからお肌を守ってくれるトップコート(上毛)を残し、保温用のアンダーコート(下毛)はグングンと抜け落ちて、風通しの良さが確保されます。

シングルコートと言って、主に気候の良い場所で品種改良されて誕生した、プードル・パピヨン・ミニチュアピンシャー・ヨークシャーテリア・チワワ・パグ・マルチーズ・グレイハウンド等の犬種の場合は、もともとトップコートしか持っていないので、この時期に抜け毛が急増するといった事が少なく、よく「毛が抜けない」と紹介されます。

(毛の生えた犬の事ですので、「抜けない」のではなく「比較的に抜け毛が少ない」というべきでしょう)

冬用の被毛は、あったか保温タイプ

夏に涼しくするならば、冬には温かくしなくちゃいけませんよね。なので季節の変わり目になると、保護用のトップコートも保温用のアンダーコートも、両方とも持っているダブルコートの犬たちは、冬になると毛の量が増えてモフモフになっていきます。

ダブルコートの犬種には、かなり厳しい気候環境の中で生まれている事が多く、たとえばハスキー・セントバーナード・サモエド・シェットランドシープドック・ミニチュアダックスフント等が挙げられます。

・この時期、毛の量が増える事は広く知られていますが、その前段階として抜け毛がある事も、特筆しておくべきでしょう

来たるべき厳しい季節に向けての、身体のメンテナンスです。

ひと夏使って、くたびれてしまった毛は落として、新しい毛で冬将軍を迎え撃たなくてはなりません。その為、毛の量を増やす途中で、大量の抜け毛が出てくるのです。次は愛犬の抜け毛に悩む飼い主さんの抜け毛対策を考えていきましょう。

犬の抜け毛対策

大事な愛犬の落とし物だと言っても、あっちこっちに抜け毛が落ちているのは、気持ち良い事ではありませんよね。

ましてや、公共の場所に行くとなれば、相応の対策を取るのがマナー。たとえ犬を連れてのお出かけでなかったとしても、洋服にくっついた犬の毛が、外出先で落ちる事もありますし、良心的な愛犬家としては、頭をひねるべきでしょう。

生理現象ですので、犬の抜け毛は止められません。ならば考えるべきは一つ。問題は「抜ける毛をどうするか?」です。

こまめなブラッシング

この対策のコンセプトは「抜けるのは仕方ない。抜ける場所をコントロールしてやろう」です。

ブラッシングによって、抜け落ちそうになっている毛を一度に取り去ってあげれば、あちらこちらに飛散する毛を減らす事が出来ます。

飼い主さんとのコミュニケーションにもなりますし、抜け毛対策をしながら絆も深めて、まさに一石二鳥です。じっくり犬と触れ合う事で、健康状態もチェックできますから、一石三鳥かも知れないですね。

犬のお洋服

こちらの対策のコンセプトは「抜けるのは仕方ない。だが、抜け毛の飛散は防げる」です。

犬と楽しむお洒落として日本でも定着してきた犬服ですが、この作戦においては抜け毛が飛び散るのを防ぐネットの役割を果たしてもらう事になります。

言うまでもなく、布というのは繊維ですので、抜け毛が引っかかってくれるのです。

冬ともなれば、快適素材の代表格コットンはもちろん、温かいニット、汚れに強く、しっかり生えている毛はツルッとスルーしてくれるナイロン等、目的に合わせた素材のお洋服がよりどりみどり。

・逆に温かくなってくる春の換毛期には、通気性の良いコットンが好ましいでしょう

換毛期でなくとも、お出かけ用に犬服が一着あれば、出先での心配事を一つ減らす事ができますよね。

番外 お掃除は空気から

それでも全ては防げないのが、犬の抜け毛。こればかりは、こまめにお掃除するしかありません。

目に付くのは、フローリングの床や洋服にくっつく抜け毛ですが、案外やっかいなのが「空気中を舞っている飛散中の抜け毛」です。

適度な換気や空気清浄器等を利用して、空気中からお掃除を始めちゃうのも一手です。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる