INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

英語で犬のしつけを行う時のコマンド一覧

英語で犬のしつけを行う時のコマンド一覧

犬のしつけで、「お手」「お座り」「伏せ」「待て」などの日本語の代わりに、「ハンド」「スィット」「ダウン」「ステイ」など、英語を使っている人もいますよね。

最近では、英語で犬のしつけをしている飼い主さんも増えてきています。

ここでは、犬のしつけをするとき使う英語のコマンドについてや、そのコマンド一覧をご紹介します。

犬のしつけは英語がいい? 日本語がいい?

犬のしつけは英語と日本語、どちらのほうがいいのでしょうか?

実は犬は母音しか聞き取れないので、基本的にはジェスチャーなどの動作を加えて教える事が効果的で、言語はどちらでもいいとされていますが、英語のほうが単語として短くコマンド出来るので、犬は覚えやすいとも言われています。

それは、日本語は、一つのコマンドに色々な言葉があるので、人によってコマンドの言葉が違うと犬は戸惑い、対応できなくなる事があるからです。

例えば、「来い」という号令をかけようとした時、英語で号令をかけると「Come」の一言で済みますが、日本語の場合、「来い」「おいで」「来て」などいくつかの言葉が、指示を出す人によって異なって使われる場合が多く、犬は、幾通りもの言葉を覚えなくてはなりません。

実際、犬は幾通りもの言葉を覚える事は難しいとされていますので、日本語でしつけをする場合は、指示を出す内容に合わせた言葉に統一する必要があります。

もし、あなたの愛犬が幾通りもの日本語の単語で号令を出しても言う事を聞いている場合は、言葉のニュアンスやあなたの号令に伴ったジェスチャーや動作を見て、言う事を聞いているのかもしれません。

コマンドはできるだけ短い言葉ではっきりと伝えてあげる事が、犬にとって大切です。

【英語版】犬のしつけのコマンド一覧

犬のしつけのコマンドを英語で行うために、ここでは、犬のしつけに役立つ英語のコマンドを紹介します。

お手 ≫ hand(ハンド)、shake(シェイク)
おかわり ≫ change(チェンジ)、left hand(レフトハンド)、right hand(ライトハンド)
おすわり ≫ sit(スィット)
※シットと発音してしまうと、英語で「くそ」という意味になってしまうので要注意です
待て ≫ stay(ステイ)、wait(ウェイト)
伏せ ≫ lie(ライ)、down(ダウン)
立て ≫ stand up(スタンダップ)
来い ≫ come(カム)
取って(来て) ≫ bring(ブリング)
放せ ≫ drop(ドロップ)、leave it(リーヴィット)
頂戴 ≫ give(ギヴ)
見て ≫ look(ルック)、watch me(ウォッチミー)
歩け ≫ walk(ウォーク)
走れ ≫ run(ラン)
そばにつけ ≫ heel(ヒール)
止まれ ≫ stop(ストップ)、hold it(ホールディット)
よし ≫ OK(オーケー)
聞け ≫ listen(リッスン)
良い子 ≫ good boy(グッボーイ)、good girl(グッガール)
行け ≫ go(ゴー)
ダメ ≫ no(ノー)、stop(ストップ)
静かに ≫ be quiet(ビークワイエット)
ゲージへ ≫ house(ハウス)

英単語に言い回しが二通りある場合は、家族間で統一する必要性があります。

また、「止まれ」と「ダメ」には両方stopが使えるので、ごちゃ混ぜにならないように気をつけましょう。

犬のしつけで大事なのはジェスチャー

犬のしつけを英語で行う場合には、発音はあまり関係ありません。

犬が理解できるのは言葉の響きです。そして、やはり日本語でしつける場合と同様に、ジェスチャーや動作を加える事のほうが、より効果的にペットにしつける事ができます。

掛け声やコマンドの言葉を出し、コマンドに沿った動作ができたとき褒めてあげたり、撫でてあげたりすれば、さらに効果的にしつけを行えます。

犬のしつけで注意したいこと

もし、しつけがうまくいかない時、叱ったり怒ったりする時に、愛犬の名前を言うのはやめましょう。英語でも日本語でも、そこに名前を加えてはいけません。

例えば、「○○ちゃんSTOP」「○○ちゃんダメでしょ」と注意をすると、犬は、STOPやダメという言葉だけを抽出して認識する事はできず「○○ちゃんSTOP」「○○ちゃんダメでしょ」と認識します。

仮に、他のコマンドを名前を付け加えて出した時「○○ちゃんSTOP」「○○ちゃんダメでしょ」を記憶しているので、まったく言う事を聞きません。

言う事を聞かないというより、どうしたらいいか困惑しているといったほうがいいのかもしれません。

飼い主がどのような動作を望んでいるか全くわからないのです。これは犬の物覚えが悪いのではなく、しつけの仕方が間違っているのです。

最後に

愛犬を色々な場所へ一緒に連れていく為には、しつけがどうしても必要になってきます。

英語でしつける場合にも、日本語でしつける場合にもジェスチャーや動作、時にはアイコンタクトを加えたりしながら、楽しく覚えさせてあげて下さいね。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる