INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

犬のドライヤーのやり方とやけどしない温度は?

犬のドライヤーのやり方とやけどしない温度は?
最近は自宅で愛犬のシャンプーをする人がほとんどですよね。

そこでけっこう苦戦するのが、毛を乾かす際のドライヤー。手こずる人も多いのではないでしょうか?

今日は、自宅でもドライヤーを使ってスムーズに乾かすコツを、一緒に学んでいきましょう!

ドライヤーをかけた時の犬の反応

水遊び大好き! 水への抵抗はなくても、シャンプーやドライヤーが苦手、という犬は少なくありません。

まして、私たち人間よりもずっと臭覚も聴覚も発達しているのですから、ドライヤーの音はなかなか好きになれないものかもしれません。

嫌いなだけならまだしも、怖がって逃げてしまったり、暴れたり、吠えられたり、大型犬の場合は特に、とても大変な仕事になるでしょう。

乾かす部位によっても、苦手な所とそうでない所の差があると思いますので、言う事を聞かないからといって叱ったりせず、怖いものじゃないよ、と不安を軽減させるような対応を心がける事が大事です。

ドライヤーをかける前に

まずドライヤーをかける前に「犬自身に脱水してもらいましょう」!

シャンプーが終わってすぐにタオルドライを……の前に、そのまま少しの間、お風呂場で待って下さい。

犬は洗濯機の脱水のごとく、ブルブルと身体を震わせて、水気を飛ばしてくれます。

この時に脱衣所や居間に連れて行っていると、周りが大変な事になりますのでご注意下さい。犬のブルブルが終わった後に、タオルドライへと移りましょう。

ここで暴れる犬は少ないかとは思いますが、シャンプー後のタオルドライは大切なステップのひとつです。

タオルドライする事で、ある程度の水分を吸収しドライヤーをかける時間を短縮する事ができます。タオルは数枚、犬の体格に合わせた大きさのものを準備しておきましょう。

犬のドライヤーのやり方

ドライヤーは毛先にかけるのではなく、毛の根元を乾かすようにかけるのが、乾かすコツです。

長毛の場合は毛先にかけないと乾かない印象がありますが、毛全体をしっかりタオルドライ出来ていれば、根元を乾かす事で毛先まで乾いていきます。

ワンちゃんの犬種によっては根元はブラシやコーム、スリッカーを併用しながら乾かす事で、無駄な毛も取れて仕上がりは大変良くなります。

暴れ出してきたら、どこかにつなぐ等、とにかく逃げられないようにする事が重要。トリミング台がなければ、自分の腰に犬のリードをつなぎ抱えようにすると、犬も包まれていた為か、安心してくれます。

トリミング用品を便利に使ってみよう

なかなかドライヤーに慣れない方は、犬を固定し、なおかつ作業しやすい高さでドライヤーをかけてあげる事が可能なトリミング台というものもあります。

昔はブリーダーやトリマーさんの専門的な商品だった為か、値段も高く手を出しにくいものでしたが、今は自宅におけるトリミングも当たり前になっていますので、お手頃な価格になっています。

首や、胴周りが固定できるようになっているので、動き回る犬におすすめです。

また、前屈みの姿勢を取らなくて良い事から腰の負担の軽減にもなりますし、慣れてくると乾かす時間の短縮にもなります。

暴れる犬にはとにかく時間短縮で乾かしてあげる事で、お互いの負担を減らせるので、是非取り入れてみて下さい。

ドライヤーの温度に気を付けて

ドライヤーの音を怖がる犬に、熱い思いをさせてしまうと、ますますドライヤーが苦手になってしまいます。それが火傷になると痛みも続き、不快な感情しか残りません。

自分の手を添えながらドライヤーを使う事で、一ヶ所に集中して温風がいっていないか注意しましょう。

犬とドライヤーの距離は約30cmほど離すと、やけどをしない温度を保てるでしょう。

顔を乾かす際は、下あごを手に乗せるようにして支え、目に強風や温風があたらないように、風量や温度を下げる等調整しながら行いましょう。

耳に関しては、耳の穴を塞いでかけてあげると良いでしょう。

この辺りは慣れていても抵抗のある場所なので、どうしても苦手なようであれば、抑える役、乾かす役を二人でやるという方法もあります。

大変ですが、しっかり根元を乾かして、風邪や皮膚トラブルから愛犬を守りましょう。次からもっと深く考えていきましょう。

嫌がる犬に安心感を

なかなか慣れず、怖がったり嫌がる犬に苛立ちは禁物です。怒って静かにさせようとしても、あまり効果はありません。怖いものは怖いものです。

音が怖いなら、あえて犬の近くでドライヤーを使用する等して、その音が生活音である事を認識してもらいましょう。

風が嫌、怖いと感じているようであれば、声を掛けながら風量を小さくして、恐怖感を強く与えないように徐々に慣らしていくと良いです。

犬自身も家族の一員として、必要な事なんだという事を、時間をかけて教えていってあげられたら、と思います。

きっと飼い主さんの愛情に、犬は応えてくれます。根気強く前向きにやっていきましょう!

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる