INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。

INUJINとは?

【計算式】犬にとっての適正な食事量は?

【計算式】犬にとっての適正な食事量は?
愛犬があまりにもかわいいからといっておやつをたくさんあげてはいませんか?

大食漢だからといって食事量を少し多めにあげてはいませんか?

言うことを聞かないからといっておやつでしつけをし過ぎてはいませんか?

人間と同じように今や肥満は犬にとっても大病になりかねない重大な問題です。適正な食事量を与えることで、健康維持、しいては寿命を延ばすことができます。

ではどれくらいの食事量を与えればいいのでしょうか。

適正な食事量ってどれくらい?

適正な食事量は、子犬、成犬、妊娠中、産後、老犬、肥満など、生育状況によって異なります。

適正な食事量には計算式があります。計算しながら食事を与えていくのは難しいと思われがちですが、市販の餌に目安表が記載されているので、参考にして頂くことをお勧めします。

また、合わせて体重に合ったカロリーも考慮しなければなりません。カロリーは体重が1㎏あたり50~110カロリー必要なので、体重kg×50~110で計算してくださいね。

子犬の適切な食事量

離乳食を食べている子犬:(体重kg×75×2)÷1.1

ドライフードを食べられるようになった生後6か月未満の子犬:(体重kg×75×1.6)÷3.6

6か月から12ヶ月までの子犬:成犬の1.2倍(体重kg÷40)×1.2

この計算式の食事量を与えることが望ましいとされています。

<例>
ドライフードを食べられる生後4か月の体重4㎏の子犬の場合
(4kg×75×2)÷1.1=133.3333…
必要な食事量:133g

この時注意をしなければならないのは、子犬、成犬とも軟便の場合は、食事の量がその子にとっては多く、便秘の場合は食事の量が少ないとされていますので、食事量を調整する必要があります。

成犬の適切な食事量

成犬の場合は、一日に必要な食事量は体重の約0.25%、40分の1の量なので、体重kg÷40の食事量を与えましょう。

<例>
5㎏の体重の成犬の場合
5000g÷40=125
必要な食事量:125g

妊娠・出産時期の犬の適切な食事量

dog-food

妊娠中の犬には、通常の食事量に15%上乗せし、出産時期には60%の食事量の上乗せを、産後には子犬の頭数、母乳の出を考え約2倍の食事量が必要とされています。

この食事量は母犬の体重も関係してきます。

妊娠中:(体重kg÷40)×1.15
出産時期:(体重kg÷40)×1.6
産後:(体重kg÷40)×2

寝たきりの老犬の適切な食事量

寝たきりの犬には、自分で食事を取る力がなく、飲み込む力も弱くなっているので、一日の理想摂取量を取らせることが難しい事から、流動食をできるだけ、一日の摂取量を取れるようにすることが大切です。

去勢後の犬は、肥満になりやすいので食事量を調節するのではなく、カロリーを調節するようにします。去勢をすると必要なカロリー量が減ります。そこで、低カロリーで栄養素が高い食事にかえることをお勧めします。

夏バテや肥満気味の犬の適切な食事量

夏は、暑さで夏バテの食欲が落ちる犬もいます、その場合は、食事量ではなく、食事の質を考える必要があります。たんぱく質が高く、消化のしやすい肉メインの食事がおすすめです。

体重が増えすぎてしまい、ダイエットを考えている犬には、

・食事の量をそのままで、一日一回の食事だったものを数回に分けて与える方法
・食事の量はそのままで、最低限度の栄養素を含んだ低たんぱく低カロリーの食事を与える方法

があります。また、食事量のかさましとして、カロリーの低いキャベツやキュウリ、リンゴやパイナップルなどをトッピングして、食事量を減らす方法もあります。

今は便利なカロリー計算されたエサや、犬の体調に合った栄養素が含まれたエサなど、多くのドライフードが売られています。たくさんあり過ぎてどのドライフードがいいのかよくわからないという方におすすめなのは、ロイヤルカナンのドライフードです。

ロイヤルカナンのドライフードは、犬種別、体格別、栄養素別に選ぶことができるので、カロリーの調節を考えている飼い主におすすめのドライフードです。

手作りで食事を作っている場合には、カロリーから考えると材料の比率を、食事量を100と考えたとき、肉類を50%、ご飯などの穀物を40%、野菜類を10%にすると一日に必要な栄養素が取れるとされています。

肉は消化吸収に優れていますが、生肉はサルモネラ菌やトキソプラズマ原虫などの問題もありますので、必ず火を通すようにしたほうがいいでしょう。野菜は消化しにくいので、小さく刻むかミキサーで砕くことがおすすめです。

最後に

ペットかわいさについつい食事量を多く与えてしまいがちですが、犬の数百gの体重増加が、足腰に大きな負担をかけ、病気を引き起こすことになる事を頭に入れて、愛犬の健康維持に努めていきましょう。

「犬人」の最新情報をチェックしよう

犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン「犬人」の公式ソーシャルアカウントです。Facebook または Twitter で最新情報をチェックしてもっと犬と繋がりましょう!

この記事を書いた人

inujin編集部

inujin編集部

犬の為のメディア、INUJINの中の人です。読者の皆様が愛犬と幸せな生活を送れるライフスタイルメディアを目指しています。

ページトップへ
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる